Webライターになるにはどうすればいい?資格は必要?

Webライター

Webライターとは、Webサイト上で文章を書く仕事です。

ここ最近、SNSのプロフィール欄に「Webライター」と書いている方が多くなりました。

特にフリーランスのWebライターは、時間や場所を自由に選んで働けるので、子育て中の主婦の方や本業を持つ方が、副業として始めるケースが増えています。

ですが興味はあっても、「Webライターの仕事はどこからもらえるの?」「Webライターをやる上で大変なことは?」など、気になることがたくさんありますよね。

この記事では、Webライターの仕事について、初心者の方でもわかりやすく紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターになるにはどうすればいい?資格は必要?

Webライターになるのに資格は必要ありません。

パソコンとネット環境さえあれば、誰でも始めることができます!

ただし読者に伝わりやすい文章を書ける能力と、SEOの知識が必要です。

「SEO」とは、ネット上で特定のWebサイトを検索上位に表示させ、多くの人に見てもらうための対策を指します。難しく聞こえますが、勉強と実践で学ぶことができますよ!

企業のライターになる場合は、Webメディアを取り扱う会社に就職や転職をする流れですが、未経験のライターにはハードルが高いかもしれません。

未経験なら、まずクラウドソーシングに登録するのが始めやすいです。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼するクライアントと、それを受注するワーカーの仲介サービスを指します。

Webライターの仕事って実際きつい?主な仕事内容

Webライターの仕事を「きつい」と感じる意見は、実際あります。

私は未経験からWebライターを始めたので、最初は仕事を受けるのに苦労しましたし、作業に手間取って「本当に稼げるの?」と不安がいっぱいでした。

人によっては、ひたすらパソコンに向かう作業に孤独感を感じたり、自己管理が大変だというライターもいます。

仕事内容は、企業に属するWebライターは自社商品のPRや求人広告、その他Webコンテンツ作りなどが主な仕事内容になるでしょう。

クラウドソーシングでWebライターの仕事を検索すると、

・ブログやSNSの記事代行
・特定のジャンルのまとめ記事
・商品を売るためのセールスライティング
・YouTube動画のシナリオ脚本

など、内容や文字数、金額も様々です。

副業で稼げるようになるまでどれくらいかかる?

副業でWebライターをやる場合、作業時間をどう作るかが大事です。

限られた時間で仕事を受けることや、文章作成に慣れるのには少し時間がかかります。

個人差はありますが、3ヵ月程で仕事のコツをつかみ、月に5万円前後を稼げるようになる方が多いです。なかには始めて半年で、月に20万円程稼ぐ方もいらっしゃいますよ!

Webライターの仕事ってどこからもらえるの?

Webライターが仕事をもらう流れは、次のようなルートがあります。

1.クラウドソーシング(クラウドワークス・ランサーズなど)

クラウドソーシングとは前述の通り、仕事を依頼するクライアントと、それを受注するワーカーの仲介をしてくれるサービスです。

代表的なのがクラウドワークスとランサーズで、案件のジャンルや難易度も様々なので、自分の能力に応じて仕事を探すことができます。

未経験からの案件獲得は根気が必要ですが、「初心者OK」という内容もあり、クライアントの信頼が得られれば、継続して仕事をもらえることも!

2.求人サイト(Indeedなど)

Indeedのような求人サイトや転職サイトでは、いろいろな企業がWebライターの募集をかけています。

募集の内容は、高いスキルや実績を望むものから、未経験者OKまでと様々です。

3.企業の求人

企業がホームページに、Webライターの募集を載せていることがあります。

こちらも求人サイトと一緒で、求めるスキルは企業によって幅が広いです。

4.SNSでのつながり

SNSを活用すると、Webライター同士の交流ができ、仕事の情報をもらえることがあります。

プロフィール欄に、得意なジャンルや今までの実績を載せると、直接依頼がくることもあるようです。

余談ですが、SNSを見ていると、ライターが収入や仕事量の成果を書いていることがあります。

私は以前、それを気にしすぎて「みんなすごいな…」と落ち込むことがありました。

SNSは、程よい距離感で上手に使えると良いですね。

Webライターが「ひどい」「辞めた方がいい」と言われる理由

Webライターについて調べると「ひどい」「辞めた方がいい」など、ネガティブな言葉が出てくることがありますが、それは次のような理由です。

1.単価が安い割に仕事量が多い

Webライターの収入は、(文字単価×文字数)が基本で、実績が無いうちは文字単価が低いところからのスタートです。

記事を書く前のリサーチや構成、執筆は経験を積むことが不可欠なので、慣れるまでは作業量と収入のバランスに、疲れきってしまう恐れがあります。

2.いつ切られるか分からない

クライアントから契約を突然切られてしまったら不安ですよね。

その理由がよく分からないまま切られてしまうこともありますが、次のような原因が予想されます。

・発注する予算が厳しくなった
・記事のクオリティが低い
・ライターとの仕事のやりづらさ(納品期日を守らない、連絡が遅いなど)

下の2つはライターの努力次第で、改善できる余地がありますね。

3.音信不通になることも少なくない

フリーランスのライターだと、オンラインでのやり取りがメインなので、音信不通になりやすい傾向があります。

クラウドソーシングを通じてのクライアントならば、運営会社に問い合わせるべきかもしれません。

Webライターで安定的に稼げるようになる5つのコツ

Webライターで安定した収入を得るために、押さえておきたい5つのコツがあります。

1.ライティングスキルを磨く

本で勉強するWebライターは多いです。

基本的な文章の書き方から、Webライティングに特化したものまで、役立つ本は数多くあります。活躍しているライターが、ブログやSNSでオススメの本を紹介しているので、チェックしてみると参考になりますよ!

実践と勉強を繰り返すことがスキルアップへのステップです。

2.セールスやSEOライティングを学ぶ

Webライターにとって、セールスライティングやSEOライティングができると大きな武器になるでしょう。

専門的な知識が必要なので、講座を受講する方法も良いですが、伝説のコピーライターが書いた本や、人を動かす文章テクニックの本など、学べる本はいくつもあります。

SEOに関しても特化した本がありますし、自分のブログで実践しながら勉強するライターも!

実績を作り可視化する

自分の実績や実力を紹介する作品集のことを、「ポートフォリオ」と言います。

ポートフォリオを公開することは、新規のクライアントを獲得するのに有効な方法です。

実績が無いうちは、ポートフォリオ用のブログを作成して、文章能力をアピールするライターもいます。

信頼できる相手と出会う

Webライターが安定した収入を得るには、クライアントと長く付き合える信頼関係を築くことが大切です。

連絡したときの返信の早さや、依頼内容の説明の仕方は大きなポイントと言えます。

クライアントとの仕事のしやすさは、契約するお金以上に重要だというライターは多いです。

5.諦めずに継続する

文章を書くスピードやスキルは、勉強と経験で誰でも上達します!

「何時間もかかって記事を書いた…」「10件応募して、やっと1件仕事をもらえた」というような経験をして、稼げるようになったライターの体験談は少なくありません。

実績をコツコツと積み上げることで仕事の依頼も来やすくなります。形にしていくまでは、諦めずに続けることが大事ですね。

Webライターになる時に気になること

Webライターを始めるときに、よくある疑問です。

Q.スクールや講座で添削を受けてもらう方がいいの?

早くスキルを身につけたい方は、スクールや講座を受講するのも有効かもしれません。

ですが、ライター向けの講座は数多くあるので、選ぶのは慎重に行うべきでしょう。

スクールや講座を受けなくても、仕事しているライターはたくさんいますよ!

Q.主婦や大学生など未経験でも在宅でできるもの?

主婦の方や学生さんも、Webライターとして働いています。

未経験でも求人情報はありますし、クラウドソーシングなら誰でも始められます。パソコンとネット環境さえあればできる仕事なので、在宅で十分可能です!

Q.辞めたい時はどうすればいいの?

継続して仕事をいただいているクライアントがいる場合、契約を終了してもらう説明は丁寧にしましょう。

相手に失礼の無いように最後まで挨拶することを心がけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました